カーブフィッティング対策は、色々できるんですが
例えば、NYダウ判定を手仕舞いには使わないとか、まっ色々検証すると気付くんですが
わからない人は成績を突き詰めなければカーブフィッティングは防げます
例は、1つしか出しませんでしたが、ノートには結構の数をメモしてあります。

そして、カーブフィッティングを防ぐフィルターを作って
それをこの間、ご協力頂いた方へお伝えしました。
私はそれをどんな手法にも適用できるロジックに改修しました。
カーブフィッティングを防ぎ効率化を高めるというフィルターです。

改修元①
カーブ1-1
改修後①カーブ1-2

改修元②
カーブ2-1
改修後②
カーブ2-2

わかりやすいように1銘柄上限30万円の資金5億円で走らせました。
カーブフィッティング起こしてた手法が見つからなくなってしまったので、そこらにある手法にフィルターあてました。
『資金曲線の安定化』を図ることも1つの条件として盛り込んだ結果、成績が変わらずに取引回数減少の効率化が図れました。
どんな手法にも効きます。今やっと20個ぐらいの手法に当てはめた感じです。
当てはめて検証結果見て改善されているか確認してなのでホント気が遠くなることしているんですが、今のとこすべて効率化されてます。
たぶん今日の夜中までには終えたいとは思ってます^^;

いくらでもやりようはあるので、このシストレ時代を楽しみましょう
大内さんblogのリンクから色々なイザナミブログにリンクで飛べるんですが、ちょいちょいブログ更新停止になっているのがあり「シストレやめたんやろな~」とショボーンとした気持ちになったので、今できることをやって次に繋げていきたいですね頑張りましょう
私がロジックや市場の考察する時は大抵、椅子かソファーに座ってよ~く考えてメモしてそれをイザナミで検証するという流れです。会社員の方なら電車移動の時などに考えてみるといいと思います。まぁもしかすると部下と同行してそんなの無理という方もいるでしょうが、それはそれで「FXや株で自動売買って流行ってるみたいだけど、稼げるんかな~」とか話を振ってみるのも面白いかもしれませんね勧めといてなんですが、私の場合は仕事の話しかしたことありませんがねw

参考 
スポンサーリンク