区分マンション


「なんだ~シストレの話じゃないのかよ」

ごめんなさい!いやっ毎日売買やってますよ!
ただね飽きがきたしこれ以上手直しできないし、それなら他の収益媒体を増やそうと思うのは自然なことだと思うのです!
たまにシストレの話もしようとは思いますが、今は不動産投資にお熱です

区分マンションとは、ブリリアシリーズマンションで購入するタイプの家を区分マンションというんですが
私は不動産投資をまだしていないのでシストレーダーの1つの考えとして聞いてほしいのですが
区分マンションでは、管理費と修繕積立金があります。この2つの価格というのは自分で決められません。
そしてこの2つは、築年数が増えるにつれて統計上増加傾向にあります。
するとどうなるか?一般的に古い物件ほど家賃というのは新築よりも下げなくてはいけないですね。
ただ管理費と修繕積立金が上がっていますので、上がった分家賃を下げるとどうなるか?
結構な確率で収益がマイナスに転じるんじゃないですか。

例:A物件→築20年、家賃10万、管理費5000円、修繕積立金20000円  計125000円
   B物件→築1 年、家賃11万、管理費5000円、修繕積立金5000円  計120000円

  どちらもファミリータイプで同じ平米数とする。

うまい例を作れなかったんですが、B物件の方がいいですよね?
区分マンションは管理費と修繕積立金が自分で決められないので私ならやりません。
要は「リスクを操作できない」のであれば私はやりません。
シストレもそうなんですが、最大DDを考慮して過去平均DD率を自分なりの納得いく範囲に納めてGOしていると思うのですが、このDD率というのを自分で操作できなかったら(イザナミで言うならばDD率という項目がなかったら)リスクがわからず怖いですよね?そういうことです。

なので、私は最悪でも土地が残る一軒家、アパート一棟で攻める予定です。
シストレで稼いでいる方、数字には強いというところを不動産投資家に見せつけてやりましょうw
結局いろんな規則が不動産投資ではあるのですが、株でいう移動平均がこうなってRSIがこうなってたら前日高値GOだなとか鉄板があるわけじゃないですか、それと同じように不動産投資でもあると思いますし、株のように複雑じゃないのでそれに比べたら全然楽です。用語もわかりやすいですし。株のテクニカル指標のように解説読んでも何の事だかサッパリなんていうこともないので、まぁ覚えやすいです。派生して解読していかないといけないということがありません。

自宅を買って数十年経ってローン残が少ない人、またはローンを組んでない人は不動産投資考えてみてもいいと思います。個人の場合、2億円までのローンを組めますが、法人なら無制限に組めます。
私なら最低でも10年で元金回収見込みができない物件はNOです。

株に比べたら手続き発生するしクソみたいな年率ですが、安定した利益を生みだしてくれるのと毎月年金積立満額するよりも確実に貰えるという意味での年金用にが良い点だと思います。正直ね、確定拠出年金って安全とかいうけど年金基金と同じ団体に納めているので、あんま信用してないんですよね^^;
あと、確定拠出年金で今は特別なんちゃら税が引かれていないですけど、これは確実にどっかで稼働すると思いますよ。要は資金の肥しがたっぷりのったところで特別なんちゃら税を発動することによってガンガン吸収されるという方法です。しかも確定拠出年金の積立金額は60才まで引出不可能なのでその年齢になるまでストレスマッハが続くと思います。
なぜこのように考えるか?庶民からどのようにして体よく資金を回収するかといったら「税金」という言葉を使って回収するのが暴動が起きなくていいからです。

私は不動産投資の場合に限りローリスクで攻める予定です。
なぜか?
株で言うならば10年保有ということになります。するとリスクに焦点を当ててリターンはロー、時代に当たればミドルっつーやり方がいいと思います。あと、減価償却費で損金を計上できると書きましたが、計上し年収支をマイナスにすることができればサラリーマン所得から引かれるので税金がいくらか返ってきます。
ですので、不動産投資をすることによってある程度の年収操作が可能となります。もちろん、不動産に関わる書籍、交通費なんてのも経費算入できます。お得です。そして、不動産収入は個別確定申告できるので会社にはバレません。またバレたところで不動産投資に関わる時間なんてたかがしれていますので副業には当たらないです。
まぁ小さな会社で経理の口が軽く「こいつ不動産投資で稼いでいるんでやんすよ!」なんて言いふらすような会社だったらどうだかわかりませんけど。まぁそんな会社なら転職をお勧めしますw一般的に考えて他言無用なはずですからね。
スポンサーリンク