こんばんわ
売り禁が激しくて売り手法やめます。
システム的にはプラスなんすけど、実際は売り禁のせいで仕掛けが少なくマイナスなってます。
どうしてか売り禁なってないのは株価上がるという法則があります。
ただ、今後売り手法を使わないっていうのにはしないで
システム的にはプラスになってることから、他手法で買いシグナルが出ても
売り手法と被ってたら仕掛けないようにします。
まぁシグナルでないようにちょちょっと条件を加えればいいんすけど、今は別のことしてるので。

売り手法で持越しって自分のブログではあんま見なかったと思うんすけど、
それは持ち越すと期待値下がるからです。
ということはですよ、引けに買って寄りで売ればいいやん?
ということで今、売り手法をそういう方向で改造してます。

持越し1銘柄
自分の中では日経14000割れしてもまだまだ下げ余地ある指標になってます。

質問で「外部指標は使ってますか?」というのがありました。
ここで答えさせて頂きたいと思いますが、自分は使ってます。
理由ですが、世界は色々な経済がグルグル回って循環しているので使うべきだと思っています。
1つよりも2つ。2つよりも3つがいいと思います。
あと独自の指標指数を使った方がいいです。
何それ?と思うでしょうが、簡単に言うと独自に計算した数値ですね。
全銘柄(全部の株価を足して1銘柄として見た場合)の乖離率と日経平均の乖離率の差を見るとかね。
標準ではそんな指数ないと思います。
まぁ他の人と違うことやった方がいいです。
ちなみに寄り判断、引け判断ある手法を使った方が期待値が良いです。
それもRSS使えば自動で出来るんですけど、日中判断させるの面倒だなって思いますけど
面倒くさらずにやった方がいいです。
スポンサーリンク